International Women’s Day play

International Women's Day

「ポメラート・フォー・ウィメン」新動画でジャミーラ・ジャミルとジェーン・フォンダが対談

2021年3月8日ーミラノ。ポメラートは国際女性デーを記念して、インタビュー形式の「ポメラート・フォー・ウィメン」新動画を発表します。登場するのは、女優で活動家のジェーン・フォンダとジャミーラ・ジャミル。世の中の不平等や特権、勇気や立ち直る力などさまざまなテーマについて語っています。世代の異なる二人は、積極的な活動、気候非常事態、白人至上主義、ジェンダーの 不平等が続いてきた歴史についてや、女性に偏る負担や脆さについて徹底的に語る中、「私たちが共に 立ち上がれば女性には希望がある」という考えに賛同しています。
International Women’s Day

社会的包摂(ほうせつ)を提唱する若い活動家であるジャミーラ・ジャミルは、英雄として尊敬するジェーン・フォンダとの 対談に喜んで挑みました。ジェーン・フォンダは、遡ればベトナム戦争の頃からハリウッドでも最初に声を上げているフェミニスト、そして活動家であり、初代「Pomellato for Women」のアンバサダーの一人でもあります。会話の中で多くの共通点を発見した彼女達は、女性の弱さや傷の中にこそ驚くほどの回復力があると結論 付けました。

ジェーンは、日本古来の伝統技術である「修復」とジュエリーを融合させた「金継ぎ」コレクションを着用しており、それは会話のテーマにもなっています。彼女は、着けた「金継ぎ」リングの、元は割れてしまっていたストーンに輝くゴールドのラインを、修復力とさらに強くなる力に例えています。「ダメージがある」として捨てられるものを回復させ、新しい命を与えるという考えは、女性の忍耐力のメタファーとなり、私たちの傷跡を隠さない勇気を強調しています。克服した自身のトラウマについても率直に語り、現在はそれを「名誉のジュエリー」のように 大胆に身に着けています。

International Women’s Day

動画「Pomellato For Women」に4年続けて登場するジェーン・フォンダは、自身の影響力を利用して積極的活動の認知を高めている女優の代表と言えます。ニューヨーク生まれの彼女は、2度のアカデミー賞、2度の 英国アカデミー賞、7度のゴールデン・グローブ賞、そして最近ではハリウッドで最高の栄誉の一つである セシル・B・デミル賞(過去69人の 受賞者のうち女性はわずか17人)を受賞しています。数十年にわたって 政治活動家であり慈善家でもある彼女は、数え切れないほどの多様性、男女同権、環境保護のために活動 してきました。2017年の発足以来、彼女は女性のリーダーシップと平等の重要性を強調する「Pomellato For Women」のプラットフォームをサポートし、全ての動画において中心人物として登場しています。

International Women’s Day

ポメラートは、国際女性デーを記念し毎年公開している動画「Pomellato For Women」に、 初めてジャミーラ・ジャミルを迎えました。イギリスに生まれ、女優、作家、DJ、デザイナー、モデル、受賞歴のあるラジオ番組 司会者のジャミールは、BBC Radio 1で自身の番組を持ち、過去60年間の放送で初の女性として名を 残しました。「I Weigh」運動の創設者である彼女は、各界のリーダーやパフォーマー、インフルエンサーを 交えて、過去の恥辱や真の価値の在処について話し合います。

動画「Pomellato For Women」は国際女性デーに公開し、二人のフルバージョンのインタビューはケリングの「ウーマン・イン・モーション」ポッドキャスト・シリーズにて放送されます。「ウーマン・イン・モーション」はケリングが、映画や写真、その他の芸術分野における女性の貢献に、アワードやトークを通して光を当てることを目的として2015年に発足しました。才能ある女性たちによる作品は、人々の意識や行動変容を促す力となります。 ジェーン・フォンダは「ウーマン・イン・モーション」の最初の受賞者で、2019年には一連のトークシリーズがポッドキャストとして公開されました。