第一部 play 戻る ハイジュエリー

第一部

ハイジュエリー LA GOIA 新作コレクション

第一部

ハイジュエリー LA GOIA 新作コレクション

戻る ハイジュエリー

「トリッティコ」ビブネックレス

初めてポメラートのクロスが登場したのは1984年のことでしたが、今回は初めて3つのアイコニックなデザインのクロスを一同に集め、ネオバロック風ネックレスに仕上げました。1993年に登場したゴールドとガーネットのビザンチンクロスの隣に2003年と2013年のローズゴールドとジェットのクロスが配置されています。ジェットのクロスは繊細な透かし彫りです。2004年にデザインされたゴールドのブレスレットは、2007年に「ハーレム」コレクションのゴールドとロッククリスタルのペンダントが下がっていたチェーンであり、このジュエリーに陽気なエネルギーを添えています。

「トリッティコ」ビブネックレス
第一部
第一部

「メロディー・オブ・チェーンズ」ビブネックレス

さまざまな時代(2006年、2011年、2013年)のさまざまなコレクションで創作されたポメラート特有のゴールドチェーンをずらりと並べた見事なネックレスです。
それぞれのチェーンが他のチェーンと重なり合い、華やかな効果を生み出します。左側のゴールドのリンク付き安全ピンは1994年にデザインされたものです。
右側にあるはジェットとゴールドで作られた現代版の金継ぎストーンで、再利用とサステナビリティを主張するポメラートのもう一つのコレクションを強調するものです。これらのディテールは、このジュエリーの独創的なスタイルを際立たせ、過去数十年間にポメラートが展開してきたデザインとヘリテージを網羅しています。

「メロディー・オブ・チェーンズ」ビブネックレス
第一部
第一部
「チャイニーズ・シャドー」ソートワールネックレス

「チャイニーズ・シャドー」ソートワールネックレス

漆黒のジェットビーズ、ローズゴールドに繊細なブラウンダイヤモンドを配したチャーム、鮮やかなカラーのタッセル。2000年初頭のユニークなこの3つの要素が、このエレガントなロングソートワールネックレスで蘇りました。タッセルには遊び心たっぷりのカラーが幅広く用意されています。

同様の感性で繊細な彫り込みを施したドロップ形のヒスイが、洗練されたイヤリングとなって登場しています。濃厚な色調のエメラルドのパヴェにより、ヒスイの緑色の美しさがいっそう強調されています。

「チャイニーズ・シャドー」ソートワールネックレス

「ハイク・ターコイズ」Tチェーン

目を見張るようなこのジュエリーの主役は、日本の古銭の形をした鮮やかなトルコ石です。ブルーの宝石をアシンメトリックなクロージャ―に仕立てたこのネックレスは、ジェットのTバーと相俟って、いにしえの霊妙な魅力を放ちます。

「ハイク・ターコイズ」tチェーン
第一部
第一部

「ヴェネツィア」リヴィエールネックレス

このネックレスのデザインには、カラー使いの魔術師ポメラートの情熱が滲み出ています。調和の良いパステルカラーのジェムストーンは、2009年にデザインされた「アラベスク」ネックレスと2006年の「ピンナップ」イヤリングの要素を合わせたものです。スモーキークオーツ、プラシオライト、アメジスト、ロッククリスタルの組み合わせが、新古典主義にインスパイアしたこのネックレスをプレシャスで洗練されたジュエリーに変身させています。
同様の感覚で2006年にデザインされた蛇のモチーフを描いたカメオイヤリング「エヴァ」にブルートパーズを組み合わせています。

「ヴェネツィア」リヴィエールネックレス
第一部
第一部

「ラッキースター」ビブネックレス

この大胆でグラマラスなデザインの「エトワール」ネックレスは、2014年に作られたジェットとダイヤモンドの5つの星を並べたもので、ゴールドの「カプリ」チェーン、ブラックセラミック、ブルーサファイアのディテールを加えて限りなく輝きます。煌めくホワイトダイヤモンドとブラウンダイヤモンドを配した留め具は2005年の「エコー」コレクションのもので、このネックレスにひときわ官能的なタッチを添えています。
同じ星のモチーフに今回は「シレーネ」コレクションのムーンストーン、トパーズ、バロックパールのパヴェを施し、イヤリングに仕上げました。レッドカーペットをぱっと輝かせること請け合いです。

「ラッキースター」ビブネックレス
第一部
第一部
Tバーブレスレット

Tバーブレスレット

ずっしりとしたこのダブルブレスレットをしなやかなイメージにしているのは、2002年に創作されたグラフィックなデザインの「パターン・ツー」ネックレスのフラットで丸みを帯びた角型リンクです。大ぶりの多面カボションカットのジェットが効果的に使われています。本来は「ヴィクトリア」コレクションのペンダントに使われていたものでしたが、ここでは超現代的なデザインのポイントとして活かされています。

同じデザイン感覚が、ローズゴールドにダイヤモンドを施したグルメットチェーンのブレスレットを手の込んだブローチに変容させました。ブレスレットのクロージャーは、2007年にポメラートのアトリエでの探求から生まれた美しいジェットのリンクとなって復活しています。

Tバーブレスレット