社会・環境への取り組み

人材 ポメラートの従業員は600名のチームで構成されており、特に女性が多いのが特徴です(女性71%、男性29%)。離職率が低く、社員が会社へ強い帰属感を抱いているのは、会社側の誠実な姿勢と労働倫理によるものであり、それが管理職者と従業員の両側で共有されていることがわかります。

 

環境保全への取り組み ポメラートは、20年来イタリアWWFの活動を支援してきました。とりわけDodoは、環境保護に対する高い意識を表現したブランドです。顧客の意識を絶滅の危機に瀕する動物たちの保護へと喚起する狙いを込めたジュエリーを提案します。 ポメラートは、環境管理に関する定期的な検査や標本の採取や分析を受け、環境配慮に貢献する企業として必要な認証を取得しています。さらにポメラートでは、労働者の保護と安全を目指した投資を毎年行っています。

 

社会的責任への取り組み 2009年にポメラートは、Unione Volontari Infanzia(子供たちのためのボランティア協会)へ寄付を行いました。 このほかにも、1994~1995年の2年間において、ポメラートは、写真家ミシェル・コントとコラボレーションを組み慈善事業を主宰しました。「SHOTS」という名のプロジェクトで、ミシェル・コントが撮影したポートレート写真のギャラリーが開催されました。映画界やファッション界のセレブたち十数名が参加し、最後にチャリティオークションが行われました。その売上金は、カブールに整形外科病院を設立するための資金として活用されました。