持続可能性

持続可能な外部調達

 

ポメラートは、ケリング・グループが毎年発行している「環境損益勘定」(EP&L のリンク www.kering.com)に従って環境への影響を監視および評価しています。高価な原材料の調達に関連した影響を軽減することを目指し、また同社が責任ある宝飾品業のための協議会(RJC: Responsible Jewellery Council)からの認証を取得した今、ケリングの責任ある金調達の枠組み(RESPONSIBLE Gold Framework)を通して責任ある金調達を 100% 実現することを将来の目標として掲げています。この中核的な使命は、持続的な銀の調達元の絶え間ない調査、およびダイヤモンドと天然宝石の透明性の高い調達経路の追跡と共に遂行されます。

 

 

 

クラフツマンシップと遺産の保護

 

私たちには金細工職人の伝統を庇護する者であるとの自負がございます。そのため、宝飾品類の製作という文化的、ならびに歴史的な遺産を守ることこそが私たちが最初に成し遂げるべきことであると考えます。ポメラートはしっかりとした教育プログラムを通して新しい専門技術の導入を推進し、熟練した知識の醸成を図ることで、職人たちの比類のない技術と将来の可能性を高めることに力を注ぎます。

 

 

 

人第一主義

 

人材に中心的な役割を果たしてもらい、個人の権利を無条件に尊重することで、ポメラートは倫理規定を定め、管理者および従業員の間でそれらが共有されています。こうしたアプローチの成果として、離職者数が低く抑えられ、従業員の会社に対するコミットメントが強くなっています。このことからも、喜びにあふれ、健康的で、安全に働ける労働環境こそが継続性と福祉を保証するための必須条件であることが明らかです。

 

 

 

権限のある立場への女性の登用

 

権限のある立場への女性の登用は、社会や生活の質の向上を目指すこの会社にとって優先事項となっています。ポメラートは常に、女性に労働市場にアクセスし、家庭と仕事を両立するための基本的な知識を提供することで、職業人としても社会人としても女性の教育、能力開発、そして成長を促してゆきます。

 

 

 

グリーンコミュニティ

 

ポメラートの信頼性と評判は持続可能性に立脚しています。このため、ポメラートは業務の改善に集中的な努力を注ぎ、一体的なグリーンコミュニティを構築することでそのリーダー的役割を強化して参ります。
ポメラートが築きたいのは、誰もが高い道徳観を持って私たちを取り巻く世の中に貢献し、卓越性の創造に信念を傾けることができるコミュニティなのです。